福岡・博多の創業支援、助成金支援、
人事労務支援、休職・復職サポートなら、
はかた駅前社会保険労務士法人へ。

電話番号
092-409-6485
受付時間 平日9時~18時

サポートブログ&お知らせ

2019-07-18

シンプルだけれど重要なリーダーの仕事

リーダーがすべきことは何でしょうか。現在ではマネジメントという言葉が広く使われていますが、リーダーが行うことで最も大切なのはマネジメントではありません。

 

人はなかなか変われない。でも、変わったように見せることはできる。繰り返しながら習慣づけることで本当のリーダーになってほしいと思います。

 

 

チームメンバーだった頃の気持ち

チームのリーダーになると会社から結果を求められるため、メンバーだった頃の気持ちや自分の中で固く誓っていたことを忘れがちになります。

「リーダーになったらあの習慣はやめる」

「リーダーになったらメンバーをどんなことがあっても守りぬく」

「メンバーの成果を横取りするようなリーダーには決してならない」

 

メンバー時代に誰もが一度は思ったであろうことも、いざリーダーの立場になると、成果の重圧に押しつぶされそうになり、なりたくなかったリーダー像に向かっているケースは少なくありません。

 

 

この連鎖を止める方法

メンバーと良い関係を築くために必要なものはいうまでもなく「信頼」です。しかし、信頼とは単なる言葉ではなく行動の積み重ねでしか生まれません。

 

 

健全な危機感をあおる

「健全な危機感をあおる」とはどのような状況でしょうか。

成果目標といういわばノルマのようなものが設定されており、達成・未達成の責任はリーダーが負います。「このままでは、目標が達成できない。深刻な状況だ」

 

このようにメンバーに伝えてもチーム一人ひとりの人材はやる気になりません。

リーダーから来る強迫観念によって行動するよりも「この状況を何とかできるのは自分たちしかいない」とチームの危機を自分事のように捉えられる文化をリーダーは醸成していかなければなりません。

 

 

変わったように見せてもいい

使命感、責任感、意思決定力、統率力、自己改革力など、いろいろな言葉が思い浮かんだかもしれません。あなたが思い浮かべたそのすべてが、どれも「とても大切なもの」であることに間違いないと思います。ただし、「最も大切なものは?」という問いへの答えは、ついてきてくれるメンバーだと私は思います。

 

 

はかた駅前社会保険労務士法人では、専門のキャリアコンサルタントが、リーダー、そしてこれからのリーダー候補に対して、組織の中でリーダーに求められる役割について研修も行っております。

まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。

(前後の記事)


page
top