福岡・博多の創業支援、助成金支援、
人事労務支援、休職・復職サポートなら、
社会保険労務士法人サムライズへ。

電話番号
092-409-6485
受付時間 平日9時~18時

サポートブログ&お知らせ

2020-08-06

ハラスメントの傾向と対策

パワハラ防止法が成立したり、厚生労働省がパワハラに関する情報サイト「あかるい職場応援団」を開設したりといった動きから、世間ではいっそうハラスメントへの関心が高まっています。

SNSなどの発信ツールも充実しているため、ハラスメントの炎上リスクが具体化すると企業経営に大きく影響を及ぼします。

以下、ハラスメント行為をタイプ分けし、具体的な傾向と対策について考察していきます。

ハラスメントの類型

セクハラ・パワハラ・マタハラ(マタニティーハラスメント)など様々な類似語が派生していますが、一言で言うとハラスメントとは「人から人に対する嫌がらせ」に他なりません。それは嫌がらせを意図したものもあるし、世代の違いなどからくる加害者意識のないものもありますが、類型化すると以下のようなタイプがあると言われています。

タイプ内容
(1)からかい・軽口イジリや性的言動などで悪気なく傷つけるようなもの。
(2)被害者から加害者に自分が若い頃に受けた指導や命令を後輩に行うもの。
(3)能力限界精神的余裕がなく、つい言動が激しくなるもの。プレイングマネージャーが部下に辛くあたる場合など。
(4)相性が悪い性格や考え方が合わず、行動がいちいち鼻につくもの。せっかちな人とのんびりした人など。
(5)思い込み自分が正しいと言う思い込みが過激になったもの。行きすぎた熱血指導、一方的な恋愛感情、モテると勘違いするなど。
(6)世代間ギャップ年齢差からくる価値観の違いが深刻化したもの。性差別や暴力など。
(7)欲求不満私生活で満たされていないことの八つ当たり。
ハラスメントイメージ

会社ができること

ハラスメント問題対策のために会社ができることは何でしょうか。ハラスメント行為者に厳正に対応する姿勢やペナルティーの規定化・周知による抑止、ハラスメント相談窓口の設置などはもちろん必要ですが、予防のためには「1.フィードバック機能の整備」「2.人員適正配置」も検討できます。

1.フィードバック機能の整備

(1)(2)(5)(6)などの自覚のないハラスメント行為者に対して、「あなたの言動はハラスメントの可能性があるように見える」と中立的なフィードバックを与えることで、問題の深刻化を防ぐことができるかもしれません。

、ハラスメントの行為者になりやすい上司に対しても、独断的な指導をせずに、部下との関わりについて周囲からフィードバックを求める習慣を持つよう指導すると良いでしょう。

ハラスメント解消イメージ

2.人員適正配置

(3)(4)などについては、部署異動や業務配分を変えることで予防効果が見込まれます。無理をさせているマネージャーの仕事を減らしたり、相性の悪い上司部下を引き離したりといった対応を検討しても良いでしょう。


パワハラ防止法では、事業主に対して研修を実施するなどしてパワハラ防止に努めるよう求めています。

はかた駅前社会保険労務士法人では、専門のキャリアコンサルタントが、ハラスメント対策についての研修も行っております。まずはお電話でお気軽にご相談ください。

(前後の記事)


page
top